ホーム

ワイン醸造家を応援しましょう

寄付をお願いします!

一致団結ワイン収穫運動とは?

ここ数年、フランスのブドウ畑は異常気象のためにかなり痛手を負っています。まれにしか起きなかった霜、雹や干ばつが昨今は頻発しているのです。

2016年、ボジョレー、ブルゴーニュ、ロワール、ラングドックでは、霜、雹、渇水に次から次へと見舞われたブドウ園があります。広範な被害の中でも、特にピク・サン・ルー、フルーリー、モルゴン、シャブリ、メヌトゥー・サロンのテロワールでは、多数の醸造家が収穫高の70%から100%を失いました。一夜の霜や15分の雹で、丸一年かけた成果が壊滅状態となったのです。

ひどい痛手を負った多くのワイン醸造家と連携しているワイン関連業者(レストランのマネージャー、代理店、ワインショップのオーナー)の人々が、彼らの援助に乗り出しました。そして、手を取り合って「一致団結ワイン収穫運動」委員会を立ち上げました。10月3日から23日までの間、彼らの店舗で購入されるボトル1本ごとに2ユーロが、被害を受けたワイン醸造家に寄付されます(レストランのマネージャーからの1ユーロ、顧客からの1ユーロがボトルの価格に含まれます)。一致団結ワイン収穫運動に乾杯!

私たちについて

私たちについて

当該のワイン醸造家の多くと連携しており、本委員会を立ち上げるために力を結集してきたレストラン、代理店、その他の商店などから成るワイン関連業者団体。

写真: R. Cardon

内容

内容

10月3日から23日まで、フランス国内で参加する各ワインショップやレストランが、販売するボトル1本ごとに2ユーロを寄付します。また、個人がオンラインで直接寄付することも可能です。

写真: R. Cardon

Solidarity grape-harvests support wine makers who endured frost, hail and drought in 2016. MAKE A DONATION!

支援者

一致団結ワイン収穫運動では、最も被害を受けたワイン醸造家、殊に、収穫の75%以上を失い、創業して10年に満たない醸造家を支援します。各地域で、経験豊富な経歴の長いワイン醸造家のネットワークから助けを得て、支援を最も必要とする醸造家を特定します。

写真: Jean-Yves Bardin

plisson

場所


➡️ フランス国内の多数のワインショップやバー。参加をお考えですか?Facebookもしくはメールでご連絡ください。)mail